お問い合わせ

担当者 : Cherry Gao

電話番号 : +86 573 82602311

WhatsApp : +8613857354118

Free call

鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。

September 24, 2021

最新の会社ニュース 鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。

Cはただアイロンをかけるべき直接鋼鉄の強さ、可塑性、靭性およびweldabilityに影響を与える主要な要素二番目にである。

鋼鉄の炭素分が0.8%の下にある時、鋼鉄増加の強さそして硬度、間炭素分の増加を用いる可塑性および靭性の減少;但し、炭素分が以上1.0%ある時、炭素分の増加を用いる鋼鉄減少の強さ。

炭素分の増加によって、鋼鉄のweldabilityは悪く(炭素分の大きいより0.3%の減少を使って鋼鉄のweldabilityかなり)、冷たいもろさおよび老化する感受性の増加および大気腐食の抵抗の減少になる。

 

最新の会社ニュース 鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。  0

鋼鉄の特性に対するNの効果はカーボンおよびリンのそれに類似している。窒素の内容の増加を使うと、鋼鉄の強さは特に靭性、かなり減ることができるかなり、可塑性改善する、ことができるweldabilityはより悪く、冷たいもろさの増加になる;同時に、老化する傾向、冷たいもろさおよび熱いもろさは高められ、鋼鉄の溶接および冷たい曲がる特性は損なわれる。従って、鋼鉄の窒素の内容はできるだけ減り、限られるべきである。通常、窒素の内容は0.018%より高くない。

ステンレス鋼のある等級のために、適切にNの内容を高めることはCrの使用を減らし、効果的にコストを削減できる。

 

最新の会社ニュース 鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。  1

 

Oは鋼鉄の有害な要素である。それはスチール製造 プロセスに自然に鋼鉄を応募する。マンガン、ケイ素、鉄およびアルミニウムはスチール製造の終わりに酸素除去のために加えられるべきであるが取除くことができない。溶解した鋼鉄の怯固の間に、酸素の反作用および解決のカーボンは泡を引き起こすことができる一酸化炭素を作り出す。酸素は鋼鉄の強さそして可塑性を減らす鋼鉄のFeO、MnO、SiO2、Al2O3および他の包含の形に主にある。特に、それに疲労強さおよび影響の靭性の深刻な影響がある。

酸素は鉄の損失を、透磁率および磁気誘導を弱めるために高め、ケイ素の鋼鉄の磁気老化する効果を激化させる。

最新の会社ニュース 鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。  2

 

Siはスチール製造 プロセスの重要な還元剤そしてdeoxidizerである:炭素鋼の多くの材料はスチール製造 プロセスの同様に還元剤そしてdeoxidizerで一般に持って来られるより少しにより0.5% Siを含んでいる。

ケイ素は亜鉄酸塩およびオーステナイトでリンにだけ二番目にある鋼鉄の硬度そして強さを改善するために分解することができる。但し、ケイ素の内容が3%を超過する場合、鋼鉄の可塑性そして靭性はかなり減る。ケイ素は鋼鉄の伸縮性がある限界、降伏強さおよび収穫の比率、および疲労強さおよび疲労の比率改善できる。これはケイ素またはケイ素のマンガン鋼鉄がばねの鋼鉄として使用することができるのである。

ケイ素は鋼鉄の密度、熱伝導性および伝導性を減らすことができる。但し、強磁場の下で、ケイ素は鋼鉄の磁気誘導の強さを減らす。ケイ素に鉄の磁気老化する効果を減らす強い脱酸力がある。

 

最新の会社ニュース 鋼鉄の特性のこの4つの要素の影響を知っているか。  3

私達と連絡を取ってください

あなたのメッセージを入れて下さい

mt@mtstainlesssteel.com
+8613857354118
gkx1229